バッグインボックスに入ったワイン

近年、ワインをポリエチレンやアルミの袋、段ボールに入れて販売する方法が人気を集めています。

ワインは段ボール箱で保護された袋に収納され、開けやすいストッパーに接続されています。

このタイプの配信方法の主な利点は、使いやすさと利便性です。開栓やコルク抜きの必要がないので、ピクニックやバーベキューなどのアウトドアにも最適です。

また、コルクを気にする必要がないため、「酸化」や「腐敗」の問題を回避でき、新鮮で高品質なワインをより長く楽しむことができます。

また、ボトルの梱包や輸送が不要なため、環境負荷も軽減されます。

ボデガス・フェルナンド・カストロでは、革新的であることにこだわり、リキュールをさまざまな形で提供することにしています。